« 金魚のフィギュア | トップページ | 東京へ行ってきました。 »

2005.09.08

‘ぢいぢい’の作品説明

‘おんぶ金魚’も、そうですが
作品には「紹介文」を、添えています。
今日は‘ぢいぢい’の作品紹介をさせていただきます。

 作品名 ぢいぢい

 
歌川国芳(うたがわくによし)画
 金魚づくし~さらいとんび より

 ちょっと思い出にひたっている おじいさん金魚です。

 その思い出の内容は
 この作品のベースに描かれている‘松葉’が表しています。

 松は 常緑樹というところから‘縁起物’として
 知られていますが
 この‘松葉’には
 枝から落ちても2つの細い葉が離れないところから
「どんなときも 2人は一緒」という
 男女の‘情’をあらわす意味があります。
 おじいさんにも そんな昔があったんだろうな と
 勝手に想像して 作りました。

‘ぢいぢい’という名前は
 福岡県あたりで使われている幼児言葉
「じぃじ=魚」を ひっかけてみました。

 金魚は‘縁起物’としても人気のある魚です。
 なので これを手にしていただいたあなたに
 少しでも良いことがありますようにと
 心をこめて作りました。
 杖を持っているヒレ(手)は 動きます。
 杖を横に向けて‘座頭市風’など
 お好きな角度でお楽しみください。

!直射日光にはご注意を!

 本日はお買い上げ ありがとうございました。 
 


|

« 金魚のフィギュア | トップページ | 東京へ行ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79593/5842271

この記事へのトラックバック一覧です: ‘ぢいぢい’の作品説明:

» 座頭市二段斬り【ニュープリント・デジタルリマスター版】 [CATVブログ]
日本映画専門チャンネル座頭市二段斬り【ニュープリント・デジタルリマスター版】 内容 「黒の凶器」などスタイリッシュな現代劇を得意とする井上昭が初監督したシリーズ10作目。脚本はシリーズの生みの親である犬塚稔。ゲスト・スターに三木のり平を迎え、勝と演じる浪人..... [続きを読む]

受信: 2005.09.08 20:51

« 金魚のフィギュア | トップページ | 東京へ行ってきました。 »