« どう向き合うか。 | トップページ | ありがたく満喫始める。 »

2012.04.27

金魚を見つけたら基本手に取る。

金魚が描いてあるという
それだけの理由で
購入しました。

江口夏美さん作『鬼灯の冷徹』
(ほおずきのれいてつ)
須藤真澄さん作『金魚草の池』。
コミックです。

『鬼灯の冷徹』は
読んでいると頭の中で
安齋さんとみうらじゅんさんの
旅番組『勝手に観光協会』で
大分に行ったときに
作詞作曲された
『地獄のエステティシャン』が
延々リピート。
金魚草がカワイイ!
かわいいカワイイ♪
国芳のきんぎょも
あんなふうに育ててみたい。

だれか
版権申請して作ってくれないかな。


もう次のワンフェス
版権本申請だ。
わたしも
国芳に申請しなくては。

『金魚草の池』は
ささくれを
なでられている感じ。
これは寝る前に読む用。

というわけで
寝る時間が近づいてきました。
明日から連休。
連休じゃあない人も
面白いことがありますようにclover

|

« どう向き合うか。 | トップページ | ありがたく満喫始める。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79593/54574746

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚を見つけたら基本手に取る。:

« どう向き合うか。 | トップページ | ありがたく満喫始める。 »